編集

BloggerでThe Moneytizerを導入した後、各バナーの設置方法や困ったことの解決方法を忘備録としてまとめました

2024/05/02

現在メインのブログの方で利用させていただいているのですが、Bloggerユーザーゆえ導入に関して色々と困ったことが多かったThe Moneytizer

ブログといえばワードプレスが主流な昨今、Bloggerとかいうプラットフォームを使っている日本ユーザーは少ないらしく、とにかく情報が少ない・・

その例に漏れずThe Moneytizerの情報も全然見当たりませんでした

ワードプレスであればプラグインが用意されているようで、調べると広告の設置もプラグインを利用する方法がたくさん紹介されていますが、Bloggerは全て手動で設置しなくてはならないのです

そこでBloggerでThe Moneytizerを利用して困ったこととその解決方法について、忘備録としてここに記録しておきます

あと、この記事にたどり着くのはたぶんすでにBloggerでThe Moneytizerを導入してなにかお困りのことがある方がほとんどだとは思われます

ですがせっかくなので、おそらく他の記事でも散々ご覧になったであろうここから登録したら5ドルもらえるとかいうやつを一応貼っておいてみます(お約束みたいなもんだと思うので・・)

なんか5ドルもらえるらしい
The Moneytizer登録ボタン

紹介コード:a10bf0bb0043d50f7d0b16a4b196ef86

もしそこそここの記事役に立ったなと感じて、その上でまだ登録がお済みでないと言う方は良ければ使っていただけたらと思います

BloggerでThe Moneytizerを導入する時に困ったことと解決方法

CMP(Cookie同意バナー)の設置について

CMPの設置はそもそも日本においては必須ではないとのことですが、筆者は一応入れておきたかったので導入方法について触れていきます

The MoneytizerのマイページにCMPの設置方法のページがあるが、困ったことにBloggerではそこに書いてある通りにコードを入れようとしても設置出来ないんですよね

Blogger用のCMPが別に用意してあります

FAQのCMPカテゴリに「Cookie同意バナーがBloggerで機能しないのはなぜですか?」という質問があるので、そこからBlogger用のコードを取得して設置すると良いようです

ads.txtについて

The Moneytizerのマイページの設定のカテゴリの「ADS.TXT」のページで手動設定を選択し、コードをBloggerの所定の位置である「カスタム ads.txt」のところに貼り付けます

アドセンスも利用している方はもとあるアドセンスのコードは消さず、その下から貼り付けでOKです

なのですが、Bloggerのカスタム ads.txtの最大文字数をThe Moneytizerから提供されているコードの文字数が上回ってしまっており、一部削除して適用する必要がありました

これについての忘備録をと思ったのですが今見たところいつの間にかBlogger用のads.txtコードが用意出来るようになっており、そのコードをそのまま貼り付けでいけるようになっていました

広告バナーの設置について

ワードプレスでは簡単に設置出来るプラグインがありますが、Bloggerでは手動で設置するしかありません

広告はざっくり分類すると、<body>タグ内に設置するものと<head>タグ内に設置するものの2種類あります

<body>タグ内に設置するものはアドセンスのディスプレイ広告と同じような感覚で設置出来るものです
記事内に直接設置したりサイドバーなどに設置したりという具合ですね

<head>タグ内に設置するものはちょっと特殊な挙動をするものです
The Moneytizerの広告バナーの中で一番収益性が高いという「FOOTER or SLIDE-IN」はこの枠に当たります

FOOTER or SLIDE-INなどの<head>タグ指定のバナーについて

この<head>タグ内に設置するよう求められるコードは、他のプラットフォームではどうなのかわかりませんがBloggerでは<head>タグ内に設置することが出来ません

上の画像のようにエラーが出てしまいます

ですが実際は<body>内に設置してもちゃんと機能しますし、記事に直接貼り付ける形でも機能します

ただし、<body>タグ内に設置する場合はちょっと工夫が必要になります

FOOTER or SLIDE-IN広告のコードは

<div id="******-6"><script src="//ads.themoneytizer.com/s/gen.js?type=6"></script><script src="//ads.themoneytizer.com/s/requestform.js?siteId=******&formatId=6"></script></div>

このような感じになっていると思いますが、これをこのまま設置しようとすると下のような画像が出てエラーになってしまいます

このためコードの書式を一部エンティティ化する必要があります

HTMLでのエンティティ化とは、テキストをHTML内で使用できる文字列に置き換える事を意味するそうです

具体的には「&」の部分を「&amp;」にすることで解決します

上記のコードを以下のように書き換えるとHTMLの<body>タグ内に設置出来るようになります

<div id="******-6"><script src="//ads.themoneytizer.com/s/gen.js?type=6"></script><script src="//ads.themoneytizer.com/s/requestform.js?siteId=******&amp;formatId=6"></script></div>

尚、記事に直接貼り付ける場合はエンティティ化は不要のようです

MEGABANNERを記事中の段落の合間に自動挿入する方法

The Moneytizerではアドセンスの自動広告機能のようなものはありません

もともとアドセンスも自動広告の制御が難しいので使っていなかったのですが、代わりに記事内広告を段落の合間に自動挿入するスクリプトを使わせていただいていました

参考記事はこちらです
外部リンク(スケ郎のお話様)
>>Bloggerの記事中にアドセンス広告を自動表示する[忙しい人向け]

これと似たようなことをThe Moneytizerの広告でも出来ないかと思い、あれやこれやした結果どうにか形になりましたので共有してみようと思います

筆者はあまりこういったことに詳しくないので、ChatGPTと相談して一応程度動いたことを確認出来た程度のものです

もっと良い感じのコードの書き方などあるとは思いますので、そこはご了承下さい

お約束ではありますが、導入の際は必ずテーマのバックアップを行った上で自己責任でご利用下さい

手順

  1. Bloggerの管理画面から「テーマ」を選択
  2. テーマの画面のカスタマイズの横の▼を開きバックアップを取ってから「HTMLの編集」を選択
  3. </body>の上あたりに以下のコードを追加(******の部分をご自分のIDに置き換えて下さい)
<b:if cond='data:blog.pageType == &quot;item&quot;'>
<!--The Moneytizer記事中内広告自動挿入スクリプト-->
<div id='******-1' style='height: 90px; margin-top: 80px;'><script src='//ads.themoneytizer.com/s/gen.js?type=1'/><script src='//ads.themoneytizer.com/s/requestform.js?siteId=******&amp;formatId=1'/></div>
<!-- 2,3番目の見出しの前に挿入 -->
<script>
document.addEventListener(&quot;DOMContentLoaded&quot;, function() {
    var secondHeading = document.querySelector(&quot;h2:nth-of-type(2)&quot;);
    var thirdHeading = document.querySelector(&quot;h2:nth-of-type(3)&quot;);
    if (secondHeading) {
        var adDiv1 = document.getElementById(&quot;******-1&quot;);
        secondHeading.parentNode.insertBefore(adDiv1, secondHeading);
    }else {
        var adDiv1 = document.getElementById("******-1");
        adDiv1.style.display = "none";
    }
    if (thirdHeading) {
        var adDiv2 = document.getElementById(&quot;******-28&quot;);
        thirdHeading.parentNode.insertBefore(adDiv2, thirdHeading);
    }else {
        var adDiv2 = document.getElementById("******-28");
        adDiv2.style.display = "none";
});
</script>
<!--The Moneytizer記事中内広告自動挿入スクリプト-->
<div id='******-28' style='height: 90px; margin-top: 80px;'><script src='//ads.themoneytizer.com/s/gen.js?type=28'/><script src='//ads.themoneytizer.com/s/requestform.js?siteId=******&amp;formatId=28'/></div>
</b:if>

MEGABANNERとMEGABANNER BOTTOMのコードをそのまま2,3番目の見出しの前に直接挿入し、挿入する箇所がなかった場合は広告を表示しないというような挙動になっている(はず)です

広告コードの<div>内に高さ90px指定と上の余白を80px空ける指定をし、エンティティ化もしてある感じです。必要に応じて削るなり調節して下さい

その他雑感とか

The Moneytizer様から最初に営業メールをいただいたときは、全然聞いたことない名前だし調べてもろくに情報も出てこないしで大丈夫なのか・・?と思いました

この業界?はちょっといろいろときな臭いと言いますか、詐欺などの悪質なやり方をする人もいるようなので、どうしても警戒はしてしまうものだと思うんですよね

筆者はもともと広告はアドセンスしか使っておらず、他の広告のことなど何も知らないお恥ずかしい状態ではあるのですが、思い切って導入してみて良かったなと思っています

TOP MEDIUM RECTANGLEの挙動の制御が出来なかったり、広告主の個別ブロックが基本出来なかったり、POP広告が広告主のページに直接飛ばされてしまうとかいうあまりに挑戦的すぎて危険なものだったりと、不便なところもあります

しかし今のところ少なくとも筆者のブログではアドセンスよりThe Moneytizerの方が収益性が良いです

アドセンスもThe Moneytizerと同じくCPMで単価が決まるようになったので、単純にどちらの方が収益性が良いかとか利便性があるかとかで選択する感じになったと思います

利便性においてはやはりまだアドセンスに軍配が上がるのは確かですが、The Moneytizerも自動広告はない代わりにHTMLに直接組み込みやすいので、簡単ではないものの実は広告の制御がしやすいんです

アドセンスの自動広告をONにすると出せるようになるアンカー広告やサイドレール広告は直接HTMLで組み込むことは出来ませんし、ページ毎に広告を出すページと出さないページを設定したい時も1ページ毎にいちいち除外設定をしないといけなくて面倒なんですよね

The Moneytizerはその点最初こそ面倒なものの、一回組み込んでしまえばあとはカテゴリタグなどで制御出来るので大変らくちんです

ちなみにカテゴリタグで広告を出すページを制御する方法はこちらの記事を参考にしました
外部リンク(Limosuki様)
>>【Blogger】特定ラベルの記事にのみ、特定のコンテンツを表示する(独自タグ利用)

筆者のブログでは現在4つ広告を設置していますが

  • FOOTER or SLIDE-INをカテゴリタグで除外指定
  • MEGABANNERとMEGABANNER BOTTOMは見出しの種類で制御
  • BOTTOM MEDIUM RECTANGLEは直接よく読まれている記事に貼り付け

といった感じで使わせていただいています

まとめ

今回はBloggerでThe Moneytizerを導入して色々奮闘したことと解決策についての忘備録を書いてみました

まだ書き忘れがあるような気がするので思い出したら追記しようと思います

BloggerでのThe Moneytizerの運用にお困りの方のお役に立てましたら幸いです

ここまで読んで下さった方ありがとうございました!

新しい投稿はありません 前の投稿

このブログを検索